Goldfish

リハビリ専門学校で理学療法士になろう!

理学療法士の仕事内容

理学療法士の仕事内容

それではまず、理学療法士の具体的な仕事内容について、より詳しく紹介します。 最初に紹介するのは、理学療法士が行うことになる治療法の大きな2つのカテゴリーについてです。 理学療法士の治療には、大きく「運動療法」と「物理療法」という2つの方法があります。 それぞれ、どのような内容の治療法なのかについて紹介します。まずは運動療法についてです。 運動療法はその名前の通り、運動を取り入れることによって行うリハビリテーションのことを指しています。

運動を行うことによって、関節の動きを滑らかにすることや、衰えた筋肉の働きを取り戻させることが目的となっています。 病気や事故などで長期間歩けない状態が続くと、体もその状態に馴染んでしまって歩くことができなくなってしまいがちです。 それを回復するための治療法となります。次に物理療法についてです。

こちらは、温める・冷やす・電気で刺激する、などの外部からの方法によって回復を目指す リハビリテーションの方法となります。まだ歩くことが厳しいような場合に用いられることもあれば、並行して行われることもあります。理学療法士はこの2つの治療法について、的確に判断をして行わなければなりません。